永く飾れるウエルカムボードをDIY

ゲストをお迎えするウエルカムスペースに飾るウエルカムボードは、ウエディングアイテムをDIYする時の代表格です。結婚式後もずっと大切に飾っておけるデザインにして、思い出として残していけるものにするといいでしょう。糸とクギで描くストリングアートをメインにしたウエルカムボードは、クオリティが高いのに作業はとても簡単にできます。インテリアとしてもおしゃれに飾れるのがポイントですよ。また市販の何でもないフレームの表面をバーナーであぶり、中にいれる紙を?引きにすれば、一気にアンティークな風合いに変身させることもできます。フレームに収める紙のデザインによって、シャビーにもメンズライクにもなりますよ。ほかにもふわふわのドライモスとドライフラワーを使ったオブジェは貼るだけなので、とても簡単です。ナチュラルでかわいい彩りは、ガーデンウエディングにもマッチするでしょう。

スペシャルアイテムも工夫して

ウエルカムボードとともに人気がある演出が、ゲストにサインを入れてもらうスペシャルシートです。人前式のスタイルの時に、結婚証明書としてよく見られるものですが、ほかの挙式スタイルでも、ゲストに参加型の演出としてウエルカムスペースに置いたりします。ウエルカムボード同様に、オシャレで残せるものを手作りして、永遠を誓う二人の想いをそこに込めていくといいでしょう。人気のチョークボード風にしたり、ウエルカムボードのサイズで三面鏡のようにおしゃれにしてもいいですし、あえて人物と同じくらいのビックサイズにすれば、会場に映えるセットの一部となりフォトスポットとしても使えますよ。

郡山の結婚式場は個性的な作りのため、印象に残せるようにするためには好みに合わせて決める方法が望ましいです。